ありの歩

東京在住。40代の専業主婦です。日々の生活や育児(発達障害)、お金のことなど、思いついたことをつづっています。子供の成長は「ありの歩」ですが、1歩1歩、前に歩んでいます。

2017ジュニア算数オリンピック*トライアル通過

スポンサーリンク

ご無沙汰しています。fuwarimamaです。

気付いたら7月ですね。どれだけブログをさぼったのでしょう。。

子供の塾のテストや、全国統一模試、ジュニア算数オリンピックの対策等で、バタバタと過ごしていました。

そんな甲斐があって、今年は長男がジュニア算数オリンピックのトライアルに通過しました!!

ジュニア算数オリンピックって?

多くの小学生に算数を楽しんでもらうために、1997年より5年生以下を対象として開催しています。(算数オリンピックHPより引用)

参加資格は、小学5年生以下ならだれでも参加できて、出題内容が原則として4年生修了を目安にしているようです。

とはいっても、かなりの難問ばかりですが・・・

ジュニア算数オリンピック2016

ジュニア算数オリンピックを初めて受験したのは、昨年小4のとき。

このときは、過去問を少し解きましたが、歯が立たないというのが感想。

解説を読んでもちんぷんかんぷん。

トライアル通過なんて、夢のまた夢。とりあえず、どんな感じか感触をつかむために受験をしました。

案の定、結果はトライアル通過ならず。

この年は、問題が難化したこともあって、平均点、トライアル通過点ともに過去最低を記録。

ジュニア算数オリンピック2017対策

中学受験の算数の勉強を始めて1年。

あれから1年たって過去問を解くと、なんと解けるじゃない!!!

中学受験の算数問題を解くことで、基本的な(捨て問以外)問題は、解けるようになっていました。これには、私も驚きました。

自力で解答が出なくても、解説を読めば理解できるようにもなっていて、もしかしたらトライアル通過できるかも!?という感触がありました。

2009年から過去問を全部解き、その年のトライアル通過点を超える年もありました。

過去のジュニア算数オリンピックトライアル通過点

2010年 70点

2011年 60点

2012年 64点

2013年 60点

2014年 45点

2015年 49点

2016年 40点

近年難化傾向で、昨年は特に難しかったのがわかります。

ジュニア算数オリンピック解答速報

ジュニア算数オリンピックでは、問題用紙を持ち帰ることができます。

問題用紙に答えを記載してあれば、自己採点できるようになっています。

算数オリンピックの公式HPでは、受験した翌々日にトライアル解答速報が発表されます。

それまで待てないでうずうずしている方には、下記算数専門塾がひとあし早く解答速報を発表していますので、参考まで。

www.itamotosansu.com

進学塾SOCRA-jr.

ジュニア算数オリンピック2017トライアル通過点

今年のトライアル通過点は、51点でした。

長男、夢のトライアル通過。ジュニア算数オリンピックのファイナリストになれました!!

決勝大会は、7月16日に全国三会場(東京、大阪、福岡)で開催されます。

さすがに入賞は無理だと、本人は諦めてますが・・・

ジュニア算数オリンピックファイナル対策

一応、ファイナルの過去問を解いてますが、トライアルのように簡単には解けません。

解説を読んでもなかなか理解できず、やる気をなくしてます。

それでも、参加することに意義があるので、楽しく挑戦できればと思います。

おわりに

ジュニア算数オリンピックを目指している方は、過去問をやることをお勧めします。

とてもクセのある問題、類似問題が多く、傾向をつかむにはとてもいいと思います。

考え方や気付きが身に付けば、トライアル通過をすることは、夢ではないと実証済み!!

中学受験を目指している方!粘り強く問題に食らいつく力がつきます!!!

算数男子には、おすすめです。