読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありの歩

東京在住。40代の専業主婦です。日々の生活や育児(発達障害)、お金のことなど、思いついたことをつづっています。子供の成長は「ありの歩」ですが、1歩1歩、前に歩んでいます。

算数脳を鍛える!四則計算さいころゲーム「ジャマイカ」

スポンサーリンク

小学4年生の算数の壁は、なんといっても四則計算!!

加減乗除を使いこなすには、慣れが必要です。

そんなときに出会ったのがコレ。

知育教室でうちの子がはまった四則計算ゲーム「ジャマイカ」を紹介します。

 

ジャマイカって? 

+(たす)ー(ひく)×(かける)÷(わる)、四則計算を使ってお題の数字を作るゲーム。

まわりの6個のさいころが1から6の数字、中央の黒色のさいころが、10から60の数字になっています。黒色のさいころの数字をたした数がお題の数字。残りの白色のさいころを四則計算してお題の数字を作ります。

ジャマイカをふると数字がくるくる回ります。いろいろな数字のバリエーションができるので、無限に遊べるゲームです。

遊んでみよう!①

f:id:fuwarimama:20170327171259j:plain

お題の数字は、黒のさいころの目なので、30と4で34。

白色のさいころの目は、5、6、1、2、4。

5、6、1、2、4を加減乗除(四則計算)して、34を作ります。

この場合、5×6+4÷(2-1)=34

となります。

遊んでみよう!②

f:id:fuwarimama:20170327171722j:plain

お題の数字は、黒のさいころの目なので、20と2で22。

白色のさいころの目は、6、3、4、6、1。

6、3、4、6、1を加減乗除(四則計算)して、22を作ります。

この場合、6×4-(6-3-1)=22

となります。

遊んでみよう!③(簡単バージョン)

f:id:fuwarimama:20170327171259j:plain

黒色の数字は無視をして、白色のさいころの目を加減乗除(四則計算)して、10を作る遊び方もあります。

この場合、(2×4-6)×5÷1=10

となります。

どこでも遊べる

ジャマイカは手のひらサイズなので、どこでも持ち歩き可能!

f:id:fuwarimama:20170327173103j:plain

レストランの待ち時間、アトラクションの待ち時間、車の中で・・・場所を選ばずにどこでも遊べます。大人も案外夢中になれるので、家族で競ってもおもしろいですよ。

暗算脳と算数脳を鍛える

ジャマイカの数字を見て計算をするので、暗算する力がつきます。

四則計算を自由自在に操る力もつき、算数脳が鍛えられますよ!

十の位が60になるとかなりの難易度で、親子で悩むほど。大人は、ボケ防止にもなりそうです。

答えがわからないときは?

どうしても答えがわからないとき、自動で答えを教えてくれるサイトがあります。

ここで教えてくれる答え以外にも解法はあるので、あくまでも参考解答です。

JAMAICA(ジャマイカ)自動計算

おわりに

今の子供たちは、待ち時間というとスマホゲームやDSばかり。

このジャマイカを買ってからは、いつも私のカバンに忍ばせて家族で楽しんでいます。

DSそっちのけで遊びながら、算数脳が鍛えられます。小学校低学年の子供でも、小さい数字なら作ることができますので、長く遊べると思います。

これは、1家に1つあって重宝するゲームなのでオススメですよ。

 

関連記事 

www.fuwaria.com

www.fuwaria.com

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村