読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありの歩

東京在住。40代の専業主婦です。日々の生活や育児(発達障害)、お金のことなど、思いついたことをつづっています。子供の成長は「ありの歩」ですが、1歩1歩、前に歩んでいます。

リモワのスーツケース(サルサエアー)を修理した【リモワサービス東京】

スポンサーリンク

リモワのスーツケースが人気のわけ

リモワのスーツケースって人気ですよね。

中でも人気のサルサエアーは、軽量なのに丈夫なポリカーボネイトという素材を使用していて、強度は航空機の窓レベルとか。

四輪のマルチホイールは機動性にすぐれていて、スーツケースをひくのも楽ちん。

夢のようなスーツケースです。

手荷物の重量に制限がある中で、スーツケースが軽量といのはポイント高いですよね。

我が家も、高いなぁと思いつつ、どうせ買うなら丈夫で軽い方が、機能性もコスパもいいんじゃないかと思って買いました。

 

丈夫なリモワが壊れたとき

そんな魅力的なスーツケースは、アフターケアも充実。

先日、リモワ(サルサエアー)のスーツケースの一部が壊れてしまったので、修理をすることにしたのです。

壊れた個所は、スライダーのつまみ部分。

飛行機の預け荷物にして戻ってきた際に、片方のつまみ部分がなくなってました。

つまみがなくてもスライダーがあくので、困らないといえば困らないのですが。

とりあえず修理の日数と料金が知りたくて、正規代理店のリペアサービスに電話をして確認をしました。

 

リモワサービスの対応

電話をすると、つまみ部分のみではその場で部品交換が可能ですぐに修理でき、費用は保証期間内であれば無料とのこと。

さっそく、一番近いリモワサービス東京に持ち込みました。

 

リモワサービス東京

f:id:fuwarimama:20170301191147j:plain

リモワサービス東京は、リモワの正規輸入代理店の(株)林五 東京店のビル内にあり、リモワの看板や案内もなかったのでややわかりづらいです。

東京店のビルの1Fに受付用の電話があり、修理専用の電話の受話器をとると、リモワサービスにつながり、修理工場のある4Fに案内されました。

4Fのフロア内にはリペア工場があり、すぐに修理をしてくれました。

スライダーのつまみ部分の交換だけなら、5分ほどで済みました。

その後、スーツケースに刻まれているシリアルナンバーで何年に製造されたものかを調べてくれて、ギリギリ保証期間内だったので無料で修理してもらえました。

保証書がなくても、シリアルナンバーで調べてくれるので大丈夫でしたよ。

 

おわりに

あっけなく修理が終わり、費用もかからなくてアフターサービスに大満足でした。

成田国際線第2ターミナルにもリモワ成田エアポートサービスカウンターがあり、簡単な修理ならその場でしてもらえるようです。

帰国後、破損に気づいたら、その場ですぐに修理してもらうと便利ですよね。

 

【リモワサービス東京】

〒111-0052

東京都台東区柳橋2-20-13

℡03-5809-3364

営業時間 9:00~17:00 休日:土日祝、年末年始

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村