読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありの歩

東京在住。40代の専業主婦です。日々の生活や育児(発達障害)、お金のことなど、思いついたことをつづっています。子供の成長は「ありの歩」ですが、1歩1歩、前に歩んでいます。

セレブに人気!TeaCollection(子供服)をセール中に個人輸入する方法

スポンサーリンク

TeaCollection(ティコレクション)

f:id:fuwarimama:20170224112134j:plain

みなさん、子供服のTeaCollection(ティコレクション)をご存じですか?

私は、プレゼントでいただくまで知りませんでした。

調べてみると、サンフランシスコ(アメリカ)発のキッズブランドで、海外セレブの子供たちが愛用しているとか。

縫製もしっかりしていて、普段着に最適とも。

下世話な話なんですが、いくらくらいするのか調べてみると・・・

日本の正規代理店価格は、福沢諭吉さんの出番じゃないと買えませんでした。

 

そんな子供服を普段着なんて、私にはできません。

ズボラでガサツな主婦は、なんとかしてお安く手に入らないかいろいろ調べてみると、アメリカのサイトでは、日本の半額で販売されていることに気づきました。

サイトを確認すると・・・ 

ねぇ!ビックリするくらい日本よりお安いでしょ!!

といってもお高いんですけど。

更に安く買えないのかと、TeaCollection(ティコレクション)のサイトを眺めていると・・・

セール品を発見!!

これならワンピースで3,000円前後くらいで買えます。

う~ん、欲しい。欲しい。欲しい。

でも、日本には配送してない。

どうしよう?

TeaCollection(子供服)をセール中に個人輸入する方法

1 会員登録をする

2 季節ごとに会員宛てにプロモコードが送られてくる

3 TeaCollection(ティコレクション)のサイト内で買い物をする(セール品)

4 プロモコード入力欄にプロモコードを入れる

5 配送先を指定する

6 クレジットカード情報を入力

7 あとは到着を待つのみ

 

これを見て、あれって思う方はさすがです。

TeaCollection(ティコレクション)はアメリカとカナダにしか発送していないので、日本には発送してくれません。

じゃぁ、どうするか。

輸入代行業者を使いましょう。

もちろん費用(手数料+配送料)はかかります。

でも、セール品をプロモコードでさらに割引して買えるのでそのへんは我慢しましょう。

それでも、日本で購入するよりも半額くらいで買えます!

輸入代行業者

個人輸入をする際、日本に直接発送してくれないときに役立つのが輸入代行業者です。

TeaCollection(ティコレクション)の場合、アメリカに住所を持つ輸入代行業者の住所を配送先に指定すると、商品が到着次第、日本に転送してくれます。

 

私の場合、ALICEHOUSE(アリスハウス)さんにお願いしています。

梱包も丁寧ですし、料金も明瞭、商品が届くとすぐに転送してくださるので到着も早いです。

アメリカというお国柄か検品サービス(有料)もありますので、便利ですね。

お取り置きもできるので、他のアメリカのサイトで購入したものと一緒に転送してもらうこともできます。

アリスハウスさんは、定期的にいろいろなアメリカサイトのプロモコードをメールでお知らせしてくれます!悪魔の誘惑ですね。

見ると欲しくなるので、私は見ません。。

 

実際にTeaCollection(ティコレクション)を個人輸入してみた

手順は、上に書いたとおりです。

配送先にALICEHOUSE(アリスハウス)さんの住所を記載します。

【注文した子供服】

・ワンピース5着

・半袖Tシャツ2枚

総額 125.5ドル(約14,181円 1ドル113円で計算)

 

【個人輸入代行費用】

・手数料 12.55ドル(商品代金の10%)

・配送料 5,320円(FirstClass)

総額 約6,738円(1ドル113円で計算)

 

おわりに

ということで、ざくっと2万円ちょっとでTeaCollection(ティコレクション)のワンピース5着と半袖Tシャツ2枚を無事に買うことができました!

約2万円の内訳は、ワンピース3,000円、半袖Tシャツ2,000円+送料といったイメージでしょうか。

 

確かにこれでも高い!節約主婦にはキツイ!

でも、1年に1度だけ、我が家では個人輸入を楽しんでます。

日本にはない大胆な色使いやデザインだけでなく生地や縫製も丈夫なので、ズボラでガサツな主婦にもってこいの子供服です。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

絶対に欲しくなっちゃいますよ~。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村